フランス留学

フランスの料理留学にかかる費用は?1年滞在した経験をもとに調査!

こんにちは!

みなさんはフランスに料理留学することを考えたとき、一番はじめに何を心配されますか?

私がフランスに料理留学をしたいと考えたときは、最初両親に費用についての相談をしました。

わたし
わたし
フランスに料理留学したいんだけど、だいたいこのくらいお金が必要みたいなんだ…。フランスに滞在している間のお金までは分からないんだけど、どうかな?
お母さん
お母さん
そうねー。お父さんと相談してみるけど、子供には色々させてあげたいし…もう少し具体的な金額が分かるといいわね^^

その後、父にも相談して最終的にはOKをもらいましたが、料理留学に掛かる費用が実際どのくらい必要なのか知っていたら、もっと相談もしやすいと感じました。

フランスに滞在している間の費用は、日本にいるとあまり情報が入ってこないですよね。

そこで今回は、フランスに料理留学した場合に掛かる費用を調査!

私が経験した内容も合わせてお届けしていきますのでぜひご参考にしてみてください☆

フランスの料理留学で必要な基本の費用

日本にいる間に把握できる費用として、ビザや学費などがあると思いますが、今回はフランスに料理留学できる2つのプランをご紹介します!

フランスの料理学校に直接留学するプラン→ フランス留学のアフィニティ(1週間から留学した場合の費用が記載されています)

こちらは観光ビザや学生ビザ、ワーホリビザ、ビジタービザを利用してフランスに料理留学できるようです。

次に、日本で勉強した後、フランスで料理留学できるプランです!

辻調グループ学校案内サイト(期間や費用の詳細が記載されています)

こちらでは、日本で勉強する必要がありますが、その後フランスに料理留学し、フランスのレストランで研修も行えます。

ちなみに、ワーホリビザを申請できる年齢は、フランスは18歳以上30歳以下の方が対象となります。

その他の詳しい情報はこちら → 日本ワーキングホリデー協会

フランスに滞在しているときに掛かる費用

フランスに滞在しているときに掛かる費用は、住居費や食費、通信費、交通費、などの他に、旅行に行ったり、レストランに食べに行ったりすることもありますよね。

フランスのレストランで食事をした際、パリやリヨンに滞在していましたが、どちらも最低8ユーロくらいは掛かりました。

星つきのレストランですと、コースで200ユーロ~300ユーロ掛かる場合もあります。

また、交通費について調べたい場合、こちらのサイトで出発地と目的地を入力すると費用やルートを検索することができます!→ TGVやバスの検索

フランスの住居検索ができるサイトもご紹介!→ 住居検索(こちらは仲介業者が入っていないようなので、その分家賃がお安いかもしれません)

通信費については、インターネットを使用することが多いと思いますが、私はチャージして使用する電話を購入していました(^^;

Wi-Fiのないところでは、無料のテレビ電話が使えなかったため購入しましたが、日本に電話を掛ける場合、100ユーロチャージして数時間しかもたなかった気がします…。

フランスに1か月滞在した場合の費用を想定!

最後に、フランスに1か月滞在するとどのくらいお金が掛かるか想定してみたいと思います!

私の場合、住居はレストラン側が用意してくださり、研修費の中から住居費や光熱費、食費が引かれていました(明細書などは渡されていなかったので、詳細は分かりません><)。

また、外食をしたり、友達と遊びに行ったりした月はプラス200ユーロ~400ユーロ掛かりました(フランスは年末年始や夏季休暇が長いので、そのときのお金の消費が多かったです)。

そのため今回は研修費が出ない状況で、住居もアパートを借りることを想定して費用を計算してみたいと思います!

➀住居費…住居費を先程のサイトで検索すると安いところも結構ありますね。ただ、念のため最低400ユーロは1月に掛かることを想定しておきましょう。

②食費…自炊をした場合、安い市場が近くにあれば月200ユーロくらいで抑えられるでしょう。

③通信費…カフェが近くにあれば無料Wi-Fiが使える場合があります。住居についている場合も多いようで、有料の場合でも月40ユーロほどを想定しておけば安心でしょう。

④交通費…交通費は人それぞれですが、バスを利用する場合、距離にもよりますが往復3ユーロほど。30日利用した場合90ユーロほどになります。

今回はこのような状況で想定して、➀~④合計すると月に730ユーロは必要になります。

この他に、雑費や遊興費、学費が入る場合は、その分費用がプラスされますね。

まとめ

フランスの料理留学に掛かる費用についていかがでしたか?

実際、取得されるビザによっても、フランスでどのように過ごされるか変わってくるかと思います。

学生ビザで留学した場合は、フランスの学校で勉強する必要があるため、フランスの滞在費に加えて学費も掛かってきます。

ちなみに、パリでは1日1ユーロほどでレンタルできる自転車もあるようです!

地方ではなかなか難しいですが、徒歩や自転車で移動したり、無料のWi-Fiが使えるカフェを探してみたり、節約できる部分もあるかもしれませんね^^

また、私はフランスで1度だけ美容院に行ってみましたが、微妙な仕上がりになったため、それ以降は自分で切っていました(^^;

これも節約と言えば節約ですが、人によって費用を抑えたい部分・抑えたくない部分は変わってきますよね。

ご自身に無理のない範囲で費用を抑えられるようにされると良いかと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました☆