フランス料理

【知っておくと便利】フランス料理のフルコースの順番や意味を解説!

こんにちは!

皆さんは、フランス料理を食べにレストランに行かれたことがあるでしょうか?

最近は結婚式でもフランス料理をお食事に選ばれる方が多いですよね!

私が初めてちゃんとしたフランス料理を食べに行ったのは専門学生の頃ですが、一緒に来ていた友達とメニューを見ながら

わたし
わたし
コース料理ってなんか緊張するね…こんなに沢山色々なお料理が出てくるんだ…!

友達
友達
そうだね…このレストランが初めてだけど、どこのレストランでもこういう順番で出てくるのかな?

と話していたことを覚えています。

このときの私のように、フランス人にとっては当たり前のフルコースも、日本人の私たちにとってはあまり馴染みがなく、メニューを見て戸惑ってしまう方が多いのではないでしょうか?

今回はこのような疑問を持たれている方に向けて、日本とフランス両方のレストランに行った経験を交えながら、フルコースの順番や意味について分かりやすく解説したいと思います!

フルコースのはじまりや意味とは?

フルコースについて起源を調べてみました! → フルコースのはじまり

実は、フランスで一時期途絶えてしまったフルコースですが、なんとロシアの影響によって再び広まっていくようになるのですね。

フランスとロシアは陸続きですが、まさかロシアからフルコースが運ばれてきたとはなかなか想像できないですよね(^^;

フランスで一時期途絶えていた理由については、フルコースにすると豪華さに欠けてしまうという理由があったようです。

確かに、一皿一皿に分けてお客様にお出しするのと、一度に全てお出しするのではテーブルの埋まり具合が変わってきますよね!

ちなみに、私が留学していたレストランでは、フルコースの構成を考えるとき、一度全ての料理を一つのお皿に盛ってみるようです!お客様にとって最適な量になるように考えられているのですね☆

また、フルコースでお料理を構成する目的ですが、「全てのお料理を一番美味しい状態で食べてもらいたい!」という想いから考えられているようです。

当時のフランスでは、温かい料理や冷たい料理を保温しておくことができなかったため、一皿一皿お料理が出てくるスタイルの方が「美味しく」いただくことができました。

そのフルコースというスタイルが現代のフランスでもずっと引き継がれているということなのですね。

フルコースの順番や品数 

続いてはフルコースの順番について解説していきたいと思います!

フルコースの順番

前菜

スープ

魚料理

肉料理

デザート

飲み物

こちらが主な順番になります。

レストランによって品数が多くなったり少なくなったりすることはありますが、料理が出てくる順番が変わることはありません。

品数が少なくなる場合は、(前菜→メイン→デザート→飲み物)となることが多いですね!

逆に品数が多くなる場合は、前菜の前にアミューズブーシュが入ったり、魚料理と肉料理の間にソルベが入ったり、デザートの前にチーズが入ったりします。

アミューズブーシュは「口を楽しませる」という意味があり、ちょこっとしたおつまみのようなものが出てくることが多いです。

またソルベにはお口直しという意味があります^^お上品ですね!

その他、チーズは複数の中から選ぶことができることも多く、選んだチーズをその場で切り分けてくれるレストランもあります!

レストランに食べに来られる方の中には、「今日はフルコースの気分ではない!」という方もいらっしゃるでしょう。そのようなときは、「アラカルト」という単品のメニューが載っているレストランもあります。また、フルコースを全て半分の量にしてもらうことが可能なレストランも多いです☆

フルコースは連携が命 

ここまでフルコースの順番や意味についてお話してきましたが、フルコースを注文するとサービスをしてくださる方が絶妙なタイミングで次のお皿を出してくれますよね!

実はサービスの方は遠目からお客様を見ています(笑)

サービス
サービス
3番テーブル女性の方、食べ終わりそうなのでそろそろメインお願いします!

キッチン
キッチン
了解しましたー!

レストランの裏側ではこのような会話が行きかっています。

誰かと食べに来ているとテーブルごとではなく、お客様ごとに料理をお出しするタイミングを確認しているのです。すごいですよね!

このことを知ったとき、「フルコースの一番美味しい状態で食べてもらいたい!」という意味が分かった気がしました。

フルコースは、サービスとキッチンの連携により作られているものなのかもしれませんね^^

まとめ 

フルコースの順番や意味について解説してきましたがいかがでしたか?

メニューを見るとなんだか緊張してしまうフルコースですが、実際はお料理を美味しく食べてもらいたいという、作っている人の温かい想いが込められたものだと私は思います。

またお客様だけではなく作っている人にもメリットがあり、調理時間の掛かるメイン(魚料理や肉料理)の準備を、お客様が前菜を楽しんでいるときからスタートすることができます。

メインでは、お肉にゆっくり火を通して柔らかく仕上げたり、厚みのあるお肉をオーブンでじっくり火を通したり、付け合せを作ったりとても時間が掛かります。

その調理時間を長く取ることができるのはとても大きなメリットですね!

このようなたくさんの良いことが詰まったフルコースに少しでも興味を持たれた方は、今度ぜひレストランでフルコースを注文してみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました☆