フランス料理

今すぐ誰かに教えたい!フランス料理の奥深い豆知識とは?

こんにちは!

皆さんはフランス料理について、どのようなことに興味を持たれているでしょうか?

私は専門学校に入学する前までは、フランス料理に触れる機会がほとんどなく、フランス料理についてなにも分からない状態でした。

しかし、フランス料理の専門学校へ行き、フランスに留学してからは状況が変わり、段々とフランス料理の奥深さに気付き始めました。

たまに、家族や友達にフランス料理について知っていることを話してみると、

家族
家族
へー!フランス料理って日本料理と全然違うんだね!
わたし
わたし
そうなの!フランスでは日本と違う捉え方をするみたいで、文化の違いなのかな?面白いよねー!

と反応があります。

そこで今回は、フランス料理について奥深い豆知識をまとめてご紹介!

皆さんにもっとフランス料理に興味を持ってもらえたら嬉しいです^^

フランス料理でもお米を使う?

実はフランス料理でもお米が使われます!

日本では主食として位置付けられるお米ですが、私が教えてもらったシェフ曰く、フランスではお米は野菜と同じように扱うようです。

その使い方は野菜と同じと言われるだけあり、サラダにお米が入っていることも!

初めてお米サラダを見たときは衝撃を受けました(O_O)

お米のサラダ → Salade de riz : la meilleure recette

その他に、お米を使ったスイーツもあり、日本ではおはぎなどお米のお菓子もありますが、フランスでお米がこのように使われるなんて面白いですよね!

お米のケーキ → Gâteau de riz

(一番最後のPour finirの写真にある黒い点々は、干しブドウのようですね!最初これはなんだろう(?)と不思議に思ってしまいました^^;)

また、そのシェフからしてみると、日本人は野菜であるお米を主食としていて、とても健康的だと仰っていました∑(゚Д゚)

日本人はベジタリアンのように見られているのでしょうか?(笑)

ちなみに、フランスでよく食べられるお米は日本のお米と違い粘り気が少なめです。

確かに、そのようなお米では、サラダやスイーツに使われることに違和感がないのかもしれませんね!

フランス料理にお砂糖は使わない!

フランス料理を勉強していて気づいたことですが、フランス料理ではお砂糖を使いません。

お料理に甘みを加えることはほとんどなく、唯一甘みのあるお料理は果物の果汁などが使われています。

では、フランス料理の味付け方法は何があるのでしょうか?

フランス料理で使われる調味料には、お塩とお酢、お酒の3つくらいです!

ただ、この3つには様々な種類があり、この3つの調味料とハーブや香辛料などを合わせて味に深みを出していきます。

一説によると、フランス料理にお砂糖を使わないことで、昔フランスでは糖分が取れなかったため、その分デザートで糖分を取るために比較的甘めに仕上げているのではないかと言われています。

確かに、昔から食べられている煮物など日本料理では良くお料理にお砂糖を使いますよね!

日本では、毎回の食事から糖分を摂取できているので、フランスのデザートよりも甘さ控えめなお菓子が多いのかもしれません。

ちなみに、フランスにはチーズケーキがあまりありません。

私がフランスに行ったとき、チーズケーキを一度も見ませんでした。

フランスでは、「チーズをデザートに使うなんて信じられない!」という意見が結構あります。

食文化の違いでこのような考え方の違いが出てくることは面白いですよね!

フランス料理に日本が取り入れられている?

フランス料理にも日本の食材が随分前から取り入れられています。

例えば「すだち」「わさび」「鰹節(出汁)」などがあり、使い方はレストランによって様々です。

フランス料理は、昔のフランス料理と現代のフランス料理で変わってきています。

昔のフランス料理は、バターや生クリームなどが使用され比較的重い内容になっていました。

しかし、現代のフランス料理では、その重い(カロリーの高い)お料理が健康に良くないと言われ、昔のフランス料理よりも軽く仕上がるよう変わってきています。

そこで、日本の食材にも目を向けられるようになったことが背景の一つにあるようです!

私が面白いと感じたことに、日本の出汁はフランスで取ろうとすると倍の時間が掛かるというお話がありました。

日本の出汁は軟水から取っている一方で、フランスのお水は硬水がほとんど。

そのため、出汁がなかなか出ないようで日本で出汁を取る時よりも倍の時間が掛かってしまうとお聞きしました(^^;

環境が違うと、お料理にも影響してくるということは避けられないことなのかもしれませんね。

まとめ

フランス料理の奥深い豆知識についていかがでしたか?

私は、フランスと日本では文化も環境も違うため、食べ物にも違いが出てくることを改めて感じました。

このような違いにより、その国の料理や食材を取り入れることに困難が生じることもありますが、この違いがあるお陰で日本では発想に至らなかった料理がフランスで登場し、そしてその逆もまた考えられるのですよね。

今は様々な国のお料理を知ることができますが、違いがあるからこそ「作ってみたい!」「食べてみたい!」と感じられるのかもしれません。

皆さんにも、日本では考えられなかった面白い発見がフランス料理を通して見つけることができましたらとても嬉しく思います^^

最後までご覧いただきありがとうございました☆