フランス語

フランスの料理研修で必要なフランス語力は?【スピーキング編】

こんにちは!

みなさんはフランスのレストランで料理研修をするとき、どのようなフランス語が使われていると思いますか?

私は、フランスに出発することが決まったとき、日本にいる間からフランス語を勉強していました。

しかし、実際行ってみると調理場の中での会話はイメージと少し違っていたんです><

せっかくフランスに料理研修をしに来たのに、レストランの人と上手くコミュニケーションが取れないと、時間や費用が水の泡になってしまいますよね…。

そこで今回は、フランスのレストランで料理研修していたときの経験を交えて、どのようなフランス語を話せれば、問題なく研修ができるかお伝えしていきたいと思います!

研修中に必要な最低限のフランス語

まずは、レストランで料理研修中にどのくらいフランス語が話せれば問題なく研修を行なっていけるかについてです!

※これから出てくるフランス語の発音は、こちらのサイトの左側にフランス語を入力して、「音声を聞く」で確認できます!→ Google翻訳

レストランの中では、ほとんどがフランス料理の会話になります。

フランス料理のレストランでは、それぞれ担当別に作業を行っていくことが多く、「①Àmuse bouche(アミューズブーシュ)・Entrées(前菜)」「②Poissons(魚料理)」「③Viandes(肉料理)」「④Dessert(デザート)・Pain(パン)」で分かれていることが多いです。

①〜③では野菜やハーブを多く使い、研修生は特に最初に扱う食材が野菜やハーブであることが多いので、よく使う食材は覚えておいた方がいいでしょう。

食材は結構多岐に渡ります…。日本にある食材もフランス料理に使われるので、フランス料理でなくても、何か料理を作られるときに使う食材をフランス語で覚えてみると良いかもしれません!

その他、おすすめのフランス語料理用語本もご紹介!→ 新フランス料理用語辞典

また、経験のある人はほとんど、加熱する作業を担当しており、その他の人が加熱する前段階を行っていく形になります。

couper(切る)」「ajouter(加える)」「émincer(スライスする)」「hacher(みじん切りにする)」などの動詞や、「poêle(フライパン)」「chinois(ソースなどをこす道具)」「marmite(寸胴鍋)」といった調理器具の名前も覚えていて損はなさそうです。

何か話すときは質問することが多いと思いますが、Combien?(いくつ?)」「Comment?(どのように?)」「Où?(どこ?)」だけでも伝わるので、覚えておくと便利ですよ!

日常生活で必要なフランス語

次は、日常生活で必要になってくるフランス語力についてです!

日常生活では何かトラブルがあったときに、相手に伝えられるようになっておくと安心です。

Il n’y a pas d’eau chaude(シャワーのお湯が出ない)」(結構あります><)や、「L’ampoule est grillée(電球が切れた)」などのトラブルに備えておくと良さそうです。

また、このようなフランスへ旅行に行くためのフランス語の本もあります。→単語でカンタン!旅行フランス語会話 

~,s’il vous plaît (~をお願いします)」「Je voudrais~(~が欲しいのですが)」などを使った日常生活を送る上でも欠かせない会話が多く記載されているため、外出したときに役立ちそうですね!

ちなみに、フランス語でWi-Fiのことを「ウィフィ」と発音します。

Wi-Fiは欠かせないものだと思いますので、使えなくなってしまったときのために、覚えておくと良さそうです!

レストランの中でよく使うフランス語

最後にレストランの中で私がよく使っていたフランス語をご紹介します。

➀qu’est ce que je dois faire? (私は何をするべきですか?)

最初は何をしたら良いか分からないのでよく使っていました。

②Ça marche (動いている 上手くいっている)

お料理を調理場からお客様にお出しする際に使われます。

他にも、機械の調子が良いといったことにも使えます。

シェフ
シェフ
その機械この前調子悪かったけど、今日は大丈夫?
わたし
わたし
Oui!Aujourd’hui Ça marche.(はい!今日は動きます。)

③Ça marche pas (動かない、上手くいっていない)

こちらは、②の逆になるため、機械の調子が良くないときなどに使えます。

④pas encore (まだ)

頼まれていた作業が終わったかどうか聞かれることがよくあるので、まだの場合はこれで伝わります。

⑤déjà (既に)

こちららは④の逆です。「déjà fini」で既に終わったとなります。

まとめ

フランスに料理留学するために必要なフランス語力についていかがでしたか?

レストランで使うフランス語は、食材や料理名などもあるので、スーパーやカフェ、レストランに行った際も活躍すると思います!

様々な場面で使えるフランス語を覚えていると、覚える数も少なくて済みますし、何度も使うことで記憶により定着すると思います。

また、「Pouvez-vous parler un peu plus longtemps?(もう少しゆっくり話してくれますか?)」「(Pouvez-vous écrire sur papier?)紙に書くことはできますか?」といったフレーズを覚えておくともしものときに安心ですね^^

最後までご覧いただきありがとうございました☆