癒し

キャンドル真ん中がへこむ理由は?簡単に最後まで使い切れる方法!

こんにちは!

キャンドルを使っていると、「真ん中だけがへこんでくる。」「最後まで使い切れない…。」といった悩みがでてきますよね><

私もキャンドルを使っているときに、せっかく楽しみに買ったのに、こんなに残って使えなくなってしまった…ということが何回かありました><

そこで、最初はネットで調べてみて、「こういうところに気を付ければいいんだ!」と分かるようになったのですが、だんだんキャンドルを使っていると、「こういうことをするから最後まで使えないんだ!」ということが分かってきました!

今回は、ネットで調べていたときの情報や、自分で試して上手くいった方法をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

キャンドルの真ん中がへこむ理由

キャンドルの真ん中がへこむ理由は、キャンドルの真ん中だけが減っている状態になります。

キャンドルの真ん中だけしか使えておらず、周りのキャンドルは置いてきぼり状態になっているみたいなんです(^^;

そのようなとき、ネットで検索してみると、「できるだけ長時間使用すること!」という答えが見つかり実践してみると、結構問題が解決されました!

「寝る前にキャンドルをちょっと付けよう~」と思っても、2時間~3時間という長い時間ずっとキャンドルを付けているのは難しいですよね…。

平日はお仕事をされて帰宅され、寝る前の少しの時間にキャンドルで癒されたいという方もいらっしゃると思いますし、私自身もそのような感じでキャンドルを使用していたので、少しの時間キャンドルを付けて終わってしまう日も多かったです。

火を付けているので、ずっとキャンドルの近くにいないといけないですし、寝る前には必ず消して寝ないと危険なので、なかなか難しいですよね(;;)

そのようなときは、小さめのキャンドルを使うことをおすすめします!

キャンドルの面が狭ければ狭いほど、キャンドル一面に熱が伝わり、すぐに溶けるので、真ん中だけが溶けてしまってへこむということはなくなります。

下の部分のキャンドルの溶け方が違っていても、火を消してしまえばまた固まって均一になるので、キャンドルの上の面が全て溶けていさえすれば、真ん中がへこむことはなくなりますよ!

大きめのキャンドルは、休日ののんびりできるとき用に使うと良さそうです◎

また、キャンドルを移動させたり、ゆすったりすると、キャンドルが縁に付いて、溶けずに残ってしまう原因になります><

一度付けたら移動させないか、運ぶときは「そーっと」運ぶと良さそうです!

簡単に最後まで使い切れる方法とは?

次に、簡単に最後まで使い切れる方法についてご紹介していきたいと思います!

キャンドルは芯がなくなってしまうと使えなくなってしまいます。

そのため、キャンドルの芯を大切に扱ってあげると最後まで使い切れるようになりますよ!

キャンドルの消し方ですが、芯を溶けたキャンドルにくぐらせて、芯をキャンドルでコーティングしてあげて消すようにすると芯が長持ちします!

また、キャンドルを消したときの煙も出ないので、煙の臭いが苦手な方にもおすすめです。

芯をキャンドルでコーティングするときは、ピンセットなどで行うようにすると良さそうです!

もし、芯がなくなってしまったり、使えなくなってしまったりした場合は、ティッシュをキュッキュッと捻って、短めに切り、キャンドルを染み込ませ、芯の土台に代わりにセットすると再度使えるようになることがあります。

(こちらの作業は、キャンドルが冷めているときに行ってください><)

ティッシュの量が多すぎると、とても大きな火が付いてしまうのでお気をつけください><

キャンドルの量が多く、芯が溺れちゃったりしたときにも使える方法なので、火傷や火事に気を付けながら試してみてくださいね^^

また、キャンドルを移動して、縁にキャンドルが残ってしまったというときには、ピンセットや爪楊枝などで崩すと、その部分もキャンドルを付けたときに溶けるようになります!

キャンドルを使って冷めてきたくらいが、柔らかくて行いやすいので試してみてくださいね!

最後まで使い切りやすいキャンドル

大きいサイズのキャンドルは、好きな香りなら良いですが、意外と香に飽きてしまったり、他のキャンドルを使いたくなってしまったりしますよね(^^;

大きいキャンドルは、長時間使用できるときにはピッタリですし、コストパフォーマンスも良いかと思います!

大きめのキャンドルには、芯が3つあるものもあるんですよ!

そのくらい芯がだめになってしまったり、キャンドル一面を溶かすのは難しいんでしょうね…。

そのため、小さめのお手頃キャンドルをいくつかご紹介していきたいと思います!

「高さが低めでお手頃価格のキャンドル」

「香りのないIKEAの大容量キャンドル」

「少し大きめおしゃれなキャンドル」

まとめ

「キャンドル真ん中がへこむ理由は?簡単に最後まで使い切れる方法!」についていかがでしたか?

せっかくキャンドルで癒される時間を送っているので、「キャンドルを長持ちさせたい!」と思いますよね!

1日の終わりにちょっとキャンドルを付けるだけでも、気持ちよくその日を終わらせられるかと思います。

みなさんも、キャンドルを使われる際は、今回のお話を思い出して楽しんでいただけると嬉しいです!

最後までご覧いただきありがとうございました☆