人物

御手洗冨士夫の経歴やプロフィールは?年齢や息子についても調査

こんにちは!

大手企業のキャノンでは、2020年5月1日(金)に「真栄田雅也氏」が辞任し、「御手洗冨士夫氏」が社長を兼務すると発表されましたね。

真栄田雅也さんは健康面に不安を感じられたようで、それにより辞任したとのことです。

御手洗冨士夫さんは今回で3度目の社長就任ということで話題を集めていますね。

そこで今回は、キャノンの社長を兼任される、御手洗冨士夫さんの経歴やプロフィールについて調査!

年齢や息子さんについても調べていますのでぜひご覧ください!

御手洗冨士夫がキャノン社長に就任(3度目)、SNSの反応は?

御手洗冨士夫さんが3度目となるキャノン社長に就任され、SNSではどのような反応があったのでしょうか?

3度目の社長就任に対して、「すごい!」 「キャノン頑張ってほしい!」といった声がありますね。

このような時期に社長就任とは大変そうですが、前任者が体調に不安を持たれての辞任でしたら仕方のないことではありますよね…。

御手洗冨士夫の経歴やプロフィールを調査

御手洗冨士夫のプロフィール

名前:御手洗 冨士夫(みたらい ふじお)

生年月日:1935年9月23日

年齢:84歳

出身地:大分県蒲江町

学歴:中央大学法学部卒業

その後、御手洗冨士夫さんは日本経済団体連合会会長職に就任されているようです。

大分出身ということで、由布市に保養所を建設されたり、大分県の小学校にデジタルカメラを配布されたりしているようですね!

地元愛溢れる方だということが伝わってきます。

ちなみに、息子さんは「御手洗正信さん」

お父様は「御手洗毅さん」キャノンの創業者であり、初代社長に就任されています。

御手洗冨士夫の経歴

御手洗冨士夫さんは、1961年に中央大学法学部を卒業後、キャノンに入社されています。

そしてなんと、1979年にはキャノンのUSA社長に就任

アメリカの勤務は23年に及ぶようで、アメリカの合理的経営をキャノンの経営に結び付けられていたようですね。

1995年に従弟の御手洗肇さんが逝去され、6代社長として御手洗冨士夫さんが就任

その後、2000年に会長に就任されていますが、2012年には再び社長に復帰され、会長と社長を兼任されています。

そして、2016年に会長に専念されていましたが、今回の2020年5月に3度目となる社長就任により、多くの注目を集められていますね。

社長に定年はありませんが、84歳での社長復帰はすごいですよね。

エネルギー溢れる方だということが伺えます。

御手洗冨士夫さんは、社長に就任後、約8400億円という負債を事実上完済されているようで、実績のある方であるが故の今回の社長復帰であったのでしょうね。

教育者としても名高い方のようで、「経営塾」により実践型の教育を行われているようです。

御手洗冨士夫さんのこれからの動きが気になりますね。

まとめ

「御手洗冨士夫の経歴やプロフィールは?年齢や息子についても調査」についていかがでしたか?

このような時期に、3度目となる社長就任ということで、今後も注目を集められる方だと感じられましたね。

私もキャノンの製品を購入していますが、これからの展開がますます気になりました。

それにしても、84歳で社長復帰はすごいことですよね…><

最後までご覧いただきありがとうございました☆